天竜川 アユの友釣り解禁

社会

[ 2011年 6月 15日 水曜日 15時11分 ]

 天竜川本流及び支流では11日午前0時より、アユの友釣りが解禁されたが、同日はあいにくの雨模様で、この日を心待ちにしていた愛好家らをじらした。それでも翌12日午後から天候が回復すると、さっそくに釣りを楽しむ姿が各地の支流で見られた。

 飯田市松尾明の下伊那漁業組合(宮島幹夫組合長)はことし、例年より早い4月12日から5月2日の間に、天竜川の本流・支流合わせて約30カ所で、計5トン、約62万5000匹の稚魚(平均8グラム)を放流。今月6日には、計8カ所で友釣りや投網を行い試験採捕し、アユの成育を確認した。

 結果、本流では水量が多かったことや水温が上がらなかったことなどから、エサとなるコケが育たず、アユの成育も今ひとつ。一方支流では、早木戸川で太く大きく育ったアユが次々と釣り上り、最も大きいもので体長16・8センチ、体重41グラムを記録するなど、順調な成育が確認された。

 宮島組合長は「11日は残念だったが、12、13日には支流を中心に、特に早木戸川で良い釣果の情報も入っている。多くの人に楽しんでもらうためにも、好天が続くことを期待したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞