環境ピクニックでごみ拾い 天竜川水系

社会

[ 2015年 5月 22日 金曜日 9時53分 ]

 天竜川河川敷のごみ拾いを上下伊那の6地区に分かれて繰り広げる「第22回天竜川水系環境ピクニック」が先週末から今週末にかけて行われている。1994年に740人で始まった天竜川の河川清掃もことしで22回目を数え、最近は5000人近い人たちが参加して、大きな成果を上げている。

 主催の県テクノ財団伊那テクノバレー地域センター(事務局・伊那技術形成センター内)によると、ことしの環境ピクニックは辰野・箕輪、伊那、駒ケ根・宮田、松川、飯田の5地区は予定通り16日に実施したが、阿南・天龍地区は降雨が激しく23日に延期となった。

 参加者は申込の段階で90事業所(昨年実績92事業所)4181人(同4578人)。ことしの実績は16日実施の5地区を合わせて84事業所3964人。これに23日の阿南・天龍地区の分を加えて確定する。

 ごみの回収状況も、16日実施の5地区を合わせて▽空き缶721個プラス17袋(昨年実績755個)▽金属類141袋(同53袋)▽空きビン118個プラス9袋(同209個)▽ガラス類8袋(同14袋)▽不燃・プラスチック類202袋(同463袋)▽可燃ごみ99袋(同133袋)―となっている。これに23日の阿南・天龍地区の分を加えて確定する。

 管内3地区のうち飯田地区では16日に24事業所(昨年実績23事業所)1502人(同1565人)が参加。空き缶17袋、空きビン9袋、不燃・プラスチック類90袋、可燃ごみ21袋を回収した。

 弁天橋から下流1キロほどの左岸でごみ拾いを行った飯田信用金庫(森山和幸理事長)は178人が参加。小雨の中、小さな子どもの姿も見られた。責任者の男性(41)は「信金創立90周年にあたり、地域貢献活動を呼び掛けたところ、正規職員の約40%が参加し、昨年に比べて50%増えた。ごみは例年減ってきている。ことしで22回目を迎え、住民の環境意識も高まっている」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01