就職面接会・ふるさと就職の集い開く

社会

[ 2013年 5月 18日 土曜日 9時18分 ]

 来春に大学や短大、専修学校などを卒業する学生と3年以内の既卒者を対象にした就職面接会「ふるさと就職の集い飯田2014」(ハローワーク飯田、飯田職業安定協会主催)が17日午後、飯田市育良町のシルクプラザであった。地元からは前年より5社少ない44社が参加。次々と足を運んだ学生たちは、精力的に面談のテーブルをめぐり、募集内容や職種などについて質問を重ねた。

 午後1時の開始前から、リクルートスーツに身を包んだ学生たちが次々と集合。受付で参加企業の概要書を受け取り、気になる企業のテーブルを探して順番を待った。

 各企業のテーブルでは、人事担当者が業務内容や募集職種について説明。採用内容など、学生からの質問にも応じ、意見を交わした。

 学生の多くは地元出身者で、居住している都市部と古里の両方で就職活動をしている。

 飯田市出身で、愛知県内の大学に通う男子学生(22)は「まずは地元にどんな企業があるのか知りたいと思って参加した。地元就職も含めて検討している」と話した。

 地域産業を支えて経済を活性化させる人材の確保と、古里での就職を望む若者の支援を目指して1984(昭和59)年から毎年開催。経済情勢が長く低迷しているものの、人手不足が恒常化している飯伊企業にとっては買い手市場の好機でもあり、参加企業の担当者は「景気が回復し、いざ事業拡大をしようとする時、若い人材が必要となる。有能な学生を確保するチャンス」と位置付けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞