就職面接会・ふるさと就職の集い開く

社会

[ 2013年 5月 18日 土曜日 9時18分 ]

 来春に大学や短大、専修学校などを卒業する学生と3年以内の既卒者を対象にした就職面接会「ふるさと就職の集い飯田2014」(ハローワーク飯田、飯田職業安定協会主催)が17日午後、飯田市育良町のシルクプラザであった。地元からは前年より5社少ない44社が参加。次々と足を運んだ学生たちは、精力的に面談のテーブルをめぐり、募集内容や職種などについて質問を重ねた。

 午後1時の開始前から、リクルートスーツに身を包んだ学生たちが次々と集合。受付で参加企業の概要書を受け取り、気になる企業のテーブルを探して順番を待った。

 各企業のテーブルでは、人事担当者が業務内容や募集職種について説明。採用内容など、学生からの質問にも応じ、意見を交わした。

 学生の多くは地元出身者で、居住している都市部と古里の両方で就職活動をしている。

 飯田市出身で、愛知県内の大学に通う男子学生(22)は「まずは地元にどんな企業があるのか知りたいと思って参加した。地元就職も含めて検討している」と話した。

 地域産業を支えて経済を活性化させる人材の確保と、古里での就職を望む若者の支援を目指して1984(昭和59)年から毎年開催。経済情勢が長く低迷しているものの、人手不足が恒常化している飯伊企業にとっては買い手市場の好機でもあり、参加企業の担当者は「景気が回復し、いざ事業拡大をしようとする時、若い人材が必要となる。有能な学生を確保するチャンス」と位置付けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞