年賀はがきの販売始まる 12月15日から投かん受付

社会

[ 2015年 10月 30日 金曜日 16時29分 ]

 2016年用年賀はがきの販売が29日、全国一斉に始まった。飯田市鈴加町の飯田郵便局(高橋和弘局長)では、窓口ロビーに特別販売コーナーを設置。30枚以上購入した人にシクラメンの鉢植えをプレゼントするイベントも行われ、午前9時の開店と同時に訪れ、年賀はがきを買い求める人の姿も見られた。

 同局によると、16年用年賀はがきの飯田下伊那地域での販売枚数は、例年並みの約400万枚を見込んでいるという。地域内の主要54局をはじめ、13の簡易局、コンビニエンスストアなどで販売する。

 最も需要の多い無地のインクジェット紙をはじめ、淡いピンク色の「いろどり年賀」、子どもに人気の「ディズニーキャラクター年賀」、スマートフォンなどの専用アプリで動画が楽しめる「ハローキティ年賀」など、各年代の需要に対応する10種類余りを用意。高橋局長は「日本の大切な手紙文化。難しく考えず、まずは自分から出してみてほしい。きっと返信があり、旧交を温めることができるはず。郵便局でもウェブサービスなどで作成のお手伝いをしている。ぜひご利用いただければ」と話した。

 投かんの受け付けは12月15日から。元旦の配達には、25日までの投かんを呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞