年賀はがき到着 11月1日から一斉販売

社会

[ 2011年 10月 5日 水曜日 15時18分 ]

 2012年用年賀はがきが4日、飯田市鈴加町の郵便事業会社飯田支店(高野達夫支店長)に搬入された。この日分だけでダンボール箱841個、328万2000枚が届き、飯田下伊那全域となる54の郵便局へ発送後、11月1日から一斉販売する。

 搬入された年賀はがきの内訳は、パソコンでの年賀状作成の普及により無地インクジェット紙は246万枚と突出して多く、通常の無地は68万4000枚。このほかにも無地インクジェット写真用が4万6000枚、ディズニーキャラクターインクジェット写真用が3万6000枚、いろどり年賀(うぐいす)が5万6000枚。絵入り寄付金付き年賀はがきなども今後順次入荷される。

 業務企画室の小松憲次担当課長は「1枚でも多く元旦に届けたいという思いから、早めの購入をお願いしたい」と話していた。投かんは12月15日から。

 同支店からのことし元旦配達は176万通、7日までの1週間で242万通を配達している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞