年賀はがき販売始まる 12月15日から投かん受付

社会

[ 2014年 10月 31日 金曜日 13時16分 ]

 2015年用年賀はがきの販売が30日、全国一斉に始まった。飯田市鈴加町の飯田郵便局(高橋和弘局長)では、窓口ロビーに特別販売コーナーを設置。30枚以上購入した人にシクラメンの鉢植えをプレゼントするイベントも行われ、午前9時の開店と同時に多くの人が訪れ買い求めていた。

 同局によると、15年用年賀はがきの飯田下伊那地域での販売枚数は、例年並みの約400万枚を見込んでいるという。地域内の主要54局をはじめ、簡易局やコンビニエンスストアなどで販売する。

 最も需要の多い無地のインクジェット紙をはじめ、人形作家の高橋まゆみさんがえとを描いた県内限定デザイン、淡いピンクやうぐいす色の「いろどり年賀」、子どもに人気のキャラクターデザインなど、各年代層に対応できる9種類を用意。高橋局長は「手紙離れが言われているが、近年年賀はがきは微増傾向にあり、その良さが見直されつつある」と話した。

 投かんの受け付けは12月15日から。元旦の配達には、25日までの投かんを呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞