応急危険度判定活動の連絡会議

社会

[ 2015年 8月 24日 月曜日 9時43分 ]

 地震時における被災建築物と被災宅地の応急危険度判定活動を迅速かつ的確に実施するため、県や市町村、建築関係団体などが連携を図るための連絡会議が21日、飯田合同庁舎で開かれた。

 会議は昨年1月に発足。同年6月の会議で、被災建築物応急危険度判定制度のマニュアルを確認している。県では、建築士を対象とした講習会を開催し、判定士の養成と登録を行っており、同年11月の長野県神城断層地震の発生後にも、被災市町村からの要請により延べ131人の判定士が被災地に赴き602棟の被災建築物の危険度を判定する活動を実施している。

 また、南信州広域連合と県建築士会飯伊支部では、飯伊市町村の避難施設について、地震発生後速やかに応急危険度判定を実施する協定を2006年に締結している。4月現在、飯伊市町村の指定避難施設は425カ所に対し、被災建築物判定士は137人(うち建築士会員73人)、被災宅地判定士は51人(全員地方公務員)となっている。

 この日の会議では、被災建築物応急危険度判定と被災宅地危険度判定のマニュアルを確認。昨年11月の地震などで課題として出てきた問題点の説明もあった。被災建築物と被災宅地は本来ならセットで調査すべきだが、今のところ一緒に動けていない実態が報告された。

 また、県建築士会飯伊支部の池田豊雄支部長は「広域連合との協定締結から来年で10年が経過する。現行の協定だと現状にそぐわないところが出てきているので、あらためて見直し検討する必要がある」との指摘があった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30