春の交通安全運動スタート

社会

[ 2017年 4月 6日 木曜日 16時43分 ]

002koutuanzen

 「子どもと高齢者の交通事故防止」を重点にした春の全国交通安全運動が6日に始まり、飯田下伊那地域でも早朝から各地で啓発活動が行われた。

 飯田署管内では午前7時から、交通量の多い幹線道路などで地区ごとの人波作戦を展開。

 飯田市鼎地区では、小伊藤修署長と佐藤健副市長の督励に続き、署と市、まちづくり委員会、飯伊交通安全協会員らの総勢100人が県道羽場大瀬木線の切石体育館前交差点一体にのぼり旗を連ねた。

 ドライバーに注意をうながした他、通学中の小学生らにも交通安全を呼び掛けた。

 小伊藤署長はことしに入り、管内で5件の交通死亡事故が発生していることに触れて「1件でも事故を減らし、1人でもけが人も少なくすることが大切。安心安全なまちになるよう協力を」と要請。佐藤健副市長は「これ以上、市内で死亡事故を出したくない」とし、重点としている子どもや高齢者への積極的な声掛けを求めた。

 交通安全運動は15日まで。県内の昨年の交通事故死者106人のうち35人が歩行者で、うち6割が道路を横断中だったことから、県内は「通学路・生活道路の安全確保と歩行者保護の徹底」を重点事項に掲げている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞