春の交通安全運動スタート

社会

[ 2017年 4月 6日 木曜日 16時43分 ]

002koutuanzen

 「子どもと高齢者の交通事故防止」を重点にした春の全国交通安全運動が6日に始まり、飯田下伊那地域でも早朝から各地で啓発活動が行われた。

 飯田署管内では午前7時から、交通量の多い幹線道路などで地区ごとの人波作戦を展開。

 飯田市鼎地区では、小伊藤修署長と佐藤健副市長の督励に続き、署と市、まちづくり委員会、飯伊交通安全協会員らの総勢100人が県道羽場大瀬木線の切石体育館前交差点一体にのぼり旗を連ねた。

 ドライバーに注意をうながした他、通学中の小学生らにも交通安全を呼び掛けた。

 小伊藤署長はことしに入り、管内で5件の交通死亡事故が発生していることに触れて「1件でも事故を減らし、1人でもけが人も少なくすることが大切。安心安全なまちになるよう協力を」と要請。佐藤健副市長は「これ以上、市内で死亡事故を出したくない」とし、重点としている子どもや高齢者への積極的な声掛けを求めた。

 交通安全運動は15日まで。県内の昨年の交通事故死者106人のうち35人が歩行者で、うち6割が道路を横断中だったことから、県内は「通学路・生活道路の安全確保と歩行者保護の徹底」を重点事項に掲げている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24