東京と飯田の4店結び

社会

[ 2020年 11月 7日 土曜日 13時12分 ]

 飯田市と東京の飲食4店舗をオンラインで結び、南信州産の食材を使ったコース料理を味わう新イベント「つながるバル」 (全4回)の初回が6日夜にあり、18人が飲食をしながら、テレビ会議アプリの「ズーム」を介したやりとりを楽しんだ。

 ウィズコロナ期の飲食店活性化と参加者の交流促進を―と、中心市街地の活性化を目指す「丘のまちメンバーズ実行委員会」(事務局=飯田市、KDDI)が主催。旬の野菜や豚肉などの食材は、JAみなみ信州が各店に提供した。

 飯田側は一般12人が市内3店に4人ずつ集合。東京側はアニメプロデューサーでIIDAブランディングプロジェクト委員長の竹内宏彰さん、声優で飯田丘のまちフェスティバルPR大使の高木美佑さん、元週刊アスキー編集長の福岡俊弘さんらが、渋谷区のビストロに集まった。

 参加者は喜久水のシードルで乾杯してから、その場にいながらにしてオンライン「喜久水ツアー」に“出発”。後藤高一取締役が映像を交え、同社の歩みと人気銘柄などを紹介した。

 参加者は4店が提供する料理を1品ずつモニターに映し、自慢し合いながら味わい、店の雰囲気や調理法の違いを楽しんだ。

 りんご並木のTESSHINに集まった男性たちは「時間と場所を越えておいしい料理とお酒を味わえた」「司会者がいて、他の店の人たちとリアルタイムでやりとりできるというのは新しい体験」「飯田だけじゃないところも面白い。(続ければ)リニアが通る飯田を東京の人などに知ってもらえる」と話していた。

 残り3回のイベントも同じ店で開催。オンラインの可能性をさまざまな角度から探る。

 13日に開く次回イベント「南信州・飯田ふかぼり」は定員に達したため、申し込みを終了した。20日の「北海道余市オンラインバスツアー」は申し込みを受け付け中。27日の「渋谷でディープトーク」は残りわずか。

 詳細はIIDAブランディングプロジェクトの公式サイトで紹介している。11月以降の開催は、参加者の声を聞いて検討する。

◎写真説明:東京・飯田の4飲食店をオンラインでつないだ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞