松川町が口蹄疫予防対策会議開く

社会

[ 2010年 5月 28日 金曜日 9時17分 ]

 宮崎県内で家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大しているのを受け、松川町は26日、口蹄疫予防対策会議を町役場で開き、近隣地域などで口蹄疫を確認した際に立ち上げる「口蹄疫防疫現地対策本部」の設置要綱を決めた。

 牛や豚の飼育農家、ヤギを飼っている人、関係機関の代表ら20人が出席。設置要綱を定めたほか、関係機関の役割分担や具体的な要望対策などについても確認した。

 また、県飯田家畜保健衛生所(飯田市)の久保田和弘所長が口蹄疫の特徴などを説明、予防策として、農場を訪れる車や持ち込む器具を消毒することや、関係者以外の立ち入りを控えたり、家畜の健康状況を丁寧に観察したりするよう呼び掛けた。

 同現地対策本部は、関係機関が連携し、まん延防止のための必要な対策を推進、地域内における畜産業の経営安定に資する狙い。本部長は竜口文昭町長。あいさつに立った竜口町長は「感染力が強く、確認した場合には1日でも早い対応が求められる。感染の拡大を防ぐため、万が一の事態に早急に対応できるようにしたい」と述べた。

 町産業振興課によると、町内の畜産農家は牛5、豚2の計7戸。牛100頭、豚649頭が飼育されている。

 畜舎周辺などに散布する消石灰について、牛や豚の各農家はJAが対応。ヤギを飼っている農家に対して町は、町農業技術者連絡会を通して1袋ずつ配布する方向で検討している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞