松川町で農作物への降ひょう被害状況調査

社会

[ 2014年 6月 4日 水曜日 9時57分 ]

 先月29日の降ひょうによる農作物への深刻な被害の現状把握のため、松川町、JAみなみ信州松川支所、県などは3日、町内の果樹園などを訪れて被害状況を確認した。

 町産業観光課によると、町では29日午後1時すぎにひょうが降り、上片桐の全域と大島の一部で被害が出た。被害面積は約134ヘクタール。被害額は29日現在で9700万円。

 現地調査は、町やJA職員ら計15人が5つのグループに分かれ、被害の大きいナシやリンゴを中心に調べた。果実に付いたきずの程度や出荷ができそうか見た。実が陥没したり割れるといった被害も見られ、町職員は「出荷できたとしても規格外になってしまうのでは」と語った。

 主にナシやリンゴを栽培する上片桐の男性方でも被害を受け、男性は「ナシは全滅に近い」。大規模な降ひょう被害は1981(昭和56)年の6月以来といい「こんなに大きな被害が出るとは」と肩を落としていた。

 町は今回の調査を踏まえ、あらためて被害額を出して県に報告する予定。深津徹町長は「町として何らかの形で支援できるよう検討したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新しい種まき悪から守る

4月10日金曜日15:42

「天仁の杜」ハナモモ見頃

4月10日金曜日15:59

桜の下で勇壮に舞う

4月9日木曜日15:31

飯田市教委が小中学校臨時休校を発表

4月9日木曜日15:06

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞