根羽村が地デジチューナー無償貸与

社会

[ 2011年 7月 24日 日曜日 8時13分 ]

 テレビの地上デジタル放送への完全移行が24日に迫った。県境の根羽村では独自施策として、村ケーブルテレビ加入世帯に地デジチューナーの無償貸与や補助、あっせんを行った。

 村は地デジ対策費として30万円を予算化し、アナログテレビが1台しかない非課税世帯には20チャンネル対応のチューナー1台を無償貸与、2台以上ある場合は1台に対し半額を負担し、それ以外の家庭には実費の6000円であっせんした。

 村内各戸の対応状況を把握し、支援策を周知しようと、1月にアンケート調査を実施したほか、地区懇談会や5回にわたる各戸回覧で説明してきた。

 これまでに役場に寄せられたチューナー設置希望は法人、団体を含めて56台。うち非課税世帯は6世帯で、完全無償貸与は4世帯だった。村は予備分14台を残し、24日以降の問い合わせに備えている。

 チューナー1台が無償貸与された夫婦は、取り付けと説明に訪れた村職員に「これで24日以降も見られるんだね?」と確認すると、「このテレビは子どもたちが金婚式のお祝いにくれたもの。捨てるのはしのびないので、見られるうちは使いたい」と、安心した様子で話していた。

 大久保憲一村長は「所有台数の違い、対応済みの家庭があることを踏まえ、各家庭で最低1台は地デジ放送が視聴できることを基本に、公平性が保てるようにした。チューナーの台数は予想の50を上回ったが、ほとんどの家庭で基本的な対応はおよそできていた」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞