根羽村の消防クラブが火災予防呼び掛け

社会

[ 2016年 11月 16日 水曜日 15時12分 ]

003根羽消防

 ことし7月に発足した根羽村少年少女消防クラブの根羽小児童1・2年生3人は15日、秋の火災予防運動(9~15日)にあわせて村内の事業所などを巡って火災予防呼び掛けを行った。

 

 1年の筒井晴太君(7)と2年の片桐悠晟君(同)、前田積志君(8)の3人は根羽村消防団の鈴木伸弥団長(44)とともに小学校から村役場までの道を歩きながら、拍子木をたたいて火災予防を呼び掛けた。

 

 沿道の保育所や宅老所、JA、村役場などを訪問し「寒くなって暖房を使う季節になりました。十分注意して火事のないようにして下さい」と呼び掛けると、本年度の飯田広域消防防火標語「消したはず 不安な思いは 再確認」と唱えながら拍子木を鳴らした。

 

 少年少女消防クラブとして初めての火災予防啓発活動をして2年の前田君は「火を使う時は気をつけてもらって根羽村から火災がないようにしてもらいたい」と話した。

 

 同行した鈴木団長は「子どもが呼び掛けると皆が注目してくれる。しっかり運動をして火災が発生しないよう取り組んでいきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号