深まる秋に向け衣替え 高校生ら冬服で登校

社会

[ 2014年 10月 2日 木曜日 13時00分 ]

 さわやかな晴天の朝を迎えた1日、飯田下伊那各地で夏用から冬用の制服に衣替えして登校する生徒らの姿が見られた。街にもカーディガンやジャケットなど長袖の服を着る人が増え、日に日に深まりゆく秋を感じさせている。

 午前8時頃のJR元善光寺駅周辺には、冬用の制服を着て登校する飯田女子高校の生徒の姿が見られた。現在校舎建て替え工事のため仮校舎としている旧飯田工業高校へ向かっていた。

 昼間はまだ暑さが残っているため、多くの生徒は白いブラウスにベストを着用した姿。久しぶりに冬服に袖を通した生徒たちは、友人と連れ立って談笑しながら足早に登校していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)