犯罪被害者の支援啓発

社会

[ 2011年 5月 23日 月曜日 14時28分 ]

 犯罪被害者やその家族らの支援活動を行う長野犯罪被害者支援センター(長野市)は20日、飯田署と協力し、飯田駅前で街頭啓発活動を行った。利用者や通行人らに同センターの活動を紹介するパンフレットなどを配布し、犯罪被害者支援の更なる充実に向け協力を訴えた。

 1999(平成11)年5月に発足した同センターは、被害者やその家族の抱える悩みに対する相談、病院・裁判所・警察署への付き添い、各種申請書類の作成補助など、支援活動を行っている。こうした活動の周知と、犯罪被害者らによる積極的な利用を促すため、このほど県下各警察署管内の主要地点で街頭啓発を実施。19日には阿南署管内でも活動を行った。

 同センター間中壽一事務局長は「被害者の支援活動を行っている組織があることを、まだあまり認識してもらっていない現状がある。この機会にぜひ多くの人に活動を知ってもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞