現地を軸に候補地再検討

社会

[ 2020年 12月 21日 月曜日 16時02分 ]

 飯田署に併設する形で設置を検討している「南信運転免許センター」(仮称)を巡り、南信州広域連合は、飯田署の現地建て替えを「最有力」としながらも議論が十分でなかったとして、他の候補地と比較検討した上で適地を決めることを確認した。候補地の公募は行わず、関係市町村から情報提供を募る。

 県警は飯田市を窓口に、現地建て替えを前提に話し合いを進めている。

 候補地の面積は1万5000平方メートル。うち建物の延べ床面積は7000平方メートルで、350台分の駐車場と署長宿舎の用地が必要となる。アクセス、取り付け道路の幅員が十分であることや▽公共交通の利便性が高い▽災害危険箇所などの指定地域でない▽市街地に近い―ことが主な要件。事業期間は、設計を含めて4年間を想定するが、設置の時期と場所は決まっていない。

 現在の飯田署は1978(昭和53)年、同市小伝馬町に整備された。県警は、職員確保といった課題への対応を含め、老朽化している飯田署の建て替えに合わせて免許センターを併設する方法が現実的とした。

 昨年6月に開かれた南信州広域連合会議で、飯田署建て替えに合わせて同署に併設する―との県警方針を協議。当時の連合長は「前向きな提案」と歓迎し、他の13町村長からも異論はなかった。

 県内の運転免許センターは北信(長野市)、中南信(塩尻市)、東信(佐久市)の3カ所で、南信地方にはない。

 運転免許センターの設置を前に、県警は3月に運転免許証作成機1台を飯田署に導入。「ゴールド免許」を持つ優良運転者や高齢者講習を受けた70歳以上のドライバーに限り、同署で免許を即日交付できるようになった。運転免許証作成機の稼働によって一部で利便性が高まる一方、それ以外の免許保有者は依然不便を強いられている。

 運転免許センターを巡っては、広域連合として市内のJR飯田線駅前を候補地に一本化し、市を窓口に商業施設内への設置を要望したが、県警が「不適当」と判断し白紙になった過去がある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞