県が食品の夏期一斉取締り、細菌性食中毒の防止を

社会

[ 2014年 7月 11日 金曜日 13時30分 ]

 食中毒の発生しやすい時期を迎え、食肉取扱い施設や仕出し・弁当屋、旅館、学校給食施設、スーパーマーケットなどの衛生管理を確認するため、県飯田保健福祉事務所は7日から8月6日まで、食品の夏期一斉取締りを実施。職員が食品営業施設への立入検査を行っている。10日には飯田市鼎東鼎のJAみなみ信州農産物直売所「およりてふぁーむ」への立入検査を公開で実施した。

 夏に多く発生している腸管出血性大腸菌やカンピロバクターなどによる細菌性食中毒を防止するため、食品の衛生的な取り扱いを重点的に点検し、指導を行う。重点施設300件を立入検査する予定。

 また、食品の製造施設や販売施設から、流通食品34検体の抜き取り検査を実施し、違反食品の流通を防止する。検査項目は▽細菌検査▽食品添加物検査▽残留農薬検査▽放射性物質―など。

 およりてふぁーむでは、職員2人が記録の関係を確認したり、従業員トイレ、まな板や調理器の洗浄・消毒、温度管理、消費期限・賞味期限の表示などを確認した。食肉の温度管理は放射温度計を用いて、食肉にレーザーを当てて温度を計り、冷蔵が10度以下、冷凍がマイナス18度以下か計測。室温に置かれていないか、加熱をしっかり中までしているかチェックしていた。

 同事務所では「主に肉・魚、牛乳、加工食品が対象。野菜はやらない。加工食品は消費期限・賞味期限などの表示が中心に行う」と説明。指摘事項があれば監視指示表を出して指導している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26