県の放射線量測定 飯田合庁で問題なし

社会

[ 2011年 10月 21日 金曜日 15時56分 ]

 県環境部は19、20の両日にかけて、県内10施設で雨どいの排出口や側溝、草地の放射線量測定を行った。このうち、飯田市追手町の県飯田合同庁舎では20日昼ごろに計測。結果は0・06―0・10マイクロシーベルトで、定期的に測定している同庁舎の屋上と地上1メートルの値と、ほぼ変わりはなかった。

 今月に軽井沢町の教育施設の雨どい排水口などで、毎時1マイクロシーベルトを超える放射線量が測定されたことを受けて実施。県環境部水大気環境課の職員らが、県有施設10カ所を回り▽雨どいの排出口か雨水浸透ます▽側溝▽草地・花壇―の地表面と地上1メートルでそれぞれ5回測定し、平均値を出した。

 飯田合庁では、毎月の測定箇所に加えて、庁舎北側の駐輪場脇の側溝、南側の集水ますと草地で計測。結果は0・06~0・10マイクロシーベルトで「問題がない数値」(担当職員)だった。

 19日に測定した主に東北信の5施設も0・04~0・13マイクロシーベルトで、除染の検討を要するような高い数値は計測されていない。測定結果は県のホームページで見られる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞