県選管地方部が衆院選の投票啓発

社会

[ 2012年 12月 14日 金曜日 9時51分 ]

 県選挙管理委員会下伊那地方部(書記長・石田訓教下伊那地方事務所長)は12日朝、16日の衆院選の投票を呼び掛ける啓発活動を飯田市桐林のオムロン飯田で繰り広げた。

 啓発用の法被を着た石田所長ら地方部の職員4人が赴き、出勤してきた社員約350人に投票日時などを記したポケットティッシュやカイロなどの啓発グッズを配布。期日前の活用を含め「必ず投票を」と呼び掛けた。

 事業所を訪れての選挙啓発は「働く世代の関心を高め、忘れずに投票行動につなげてもらおう」と、同地方部が独自に企画している。前日の11日は同市駄科の旭松食品で実施した。13日は夕方に管内の大型店やスーパー14カ所で一斉街頭啓発を行う。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞