確定申告がスタート 自宅でできるe―Taxが手軽

社会

[ 2012年 2月 17日 金曜日 15時39分 ]

 2011年分所得税の確定申告の受け付けが16日、全国の税務署で一斉に始まった。自書申告の窓口のほか、インターネットを使ったe―Tax(国税電子申告・納税システム)のコーナーを設けた飯田税務署では、牧野光朗飯田市長が電子申告を行い、納期内納入を呼び掛けた。受け付けは3月15日まで。

 e―Taxは、インターネットにつながるパソコンがあれば、自宅からでも国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続きができるシステム。利用するには事前登録が必要で、登録には住基カードと、カードを読み取る専用機器が必要だが、本人の電子署名と電子証明書を併せて送信した場合、11年分の場合は最大4000円(1回限り・12年分は最大3000円)の税額が控除される。

 牧野市長が電子申告をするのは今回が5年目。手馴れた様子でパソコンを操作し、5分程で済ませた。「e―Taxは本当に手軽。自宅からも申告ができるので、ぜひ試してほしい」とアピールし、「税金をいただくことで国、県、市町村はそれぞれの機能を果たせる。3月15日までに納税をきちんとしていただきたい」と呼び掛けていた。

 飯田税務署はことしも庁舎内に18台のパソコンを設置し、職員らが使用方法を説明しながらe―Taxの利用促進を図る。

 確定申告の受け付けは3月15日まで。同署では高羽合同庁舎4階でe―Taxのほか、従来の自書申告も受け付けている。同署管内の飯伊では毎年、およそ3万人が申告をしている。

 問い合わせは飯田税務署(電話0265・22・1167)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞