移動販売で買い物支援 セブン山本店が導入へ

社会

[ 2017年 11月 9日 木曜日 15時30分 ]

セブン山本店の移動販売車

 中山間地の買い物弱者を支援しようとセブンイレブン飯田山本店に移動販売車「セブンあんしんお届け便」が導入された。12月初旬から阿智村内で営業を始める予定だ。

 セブンイレブン・ジャパンでは、社会構造の変化から増加しつつある買い物弱者、買い物難民を支援しようと、自治体などと連携して移動販売車の導入を進めてきた。すでに全国で45台ほどが稼働中で、県内では木曽上松寝覚店に続いて2台目となる。

 飯田山本店に導入される車両は最新のタイプ。軽トラックの荷台部分に3度、20度、冷凍の各室温を保つ棚を設け店舗の品ぞろえを十分に反映できるようにした。食料品だけでなく日用品なども販売する。

 今後、村や商工会、各自治会や高齢者世帯などの要望を受けながらルートや運行日などの計画を立て実際の稼働に入る予定。当面は阿智村内のみで実施するが、将来的には飯田市内へも広げていく。

 同店オーナーの中山実さんは「これからは高齢者の時代。以前から各方面で要望を受けてきたがようやく実現できる。村や商工会の協力を得ながら実施していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞