組織犯罪処罰法施行日に抗議行動

社会

[ 2017年 7月 11日 火曜日 15時53分 ]

002kyobozai

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の施行日に合わせ、市民有志と民進党、共産党、社民党、緑の党の関係者らが11日朝、飯田市上殿岡のアップルロード交差点でプラカードを掲げて共謀罪廃止を訴えた。

 呼び掛けたのは、毎週金曜日に同所で辻立ちをして脱原発を訴えている「脱原発アクション☆飯田」の平沢文彦さん(56)=阿南町北条。「原発も沖縄もTPPも共謀罪も、数の多さで押し切られてきた点で同じもの」と、共謀罪の施行日に合わせて各政党や有志に賛同者を募った。

 参加者は「共謀罪NO」や「監視・密告まっぴらご免」などと書かれたプラカードを掲げ、上殿岡交差点周囲で1時間ほど共謀罪廃止を訴えた。

 平沢さんはフェイスブックを通じて全国の賛同者にも呼び掛けており、確認しただけで50カ所で同様の活動が行われた。飯田下伊那でも阿智村、高森町などで実施された。

 「県内各地でも何らかの活動が行われているはず。共謀罪に萎縮せずに勇気を持って立ち上がることが大事だ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号