緑化運動に合わせ緑の募金スタート

社会

[ 2016年 4月 4日 月曜日 11時57分 ]

 「夢託す 小さな苗に 大きな未来」を標語に掲げる2016年度緑化運動のスタートに合わせ、県下伊那地方事務所と飯伊地区緑の募金委員会は1日、同地事所長による募金を皮切りに庁内募金活動を始めた。

 県は、県民総参加により県土の緑化推進と森林資源の造成を図るため、4月から5月まで2カ月間を「緑化推進特別強調月間」と定め、県内全域で緑化運動を展開する。

 飯田合同庁舎では、正面玄関ホールに緑化運動ポスターなどを掲示してPRするとともに、緑の募金箱を設置して郡市民の協力を呼び掛けている。

 同募金委員会によると、昨年度の緑の基金は管内で722万余円(前年度約732万円)が集まった。本年度は800万円を目標額に募金を行い、公共施設の環境緑化や市町村の緑化支援、みどりの少年団の育成などの活動に役立てる。6月5日に開催される第67回全国植樹祭と5月22日に開催される飯伊地区植樹祭(県民植樹)の準備にも活用する。

 庁内募金活動にあたり、山本智章所長は「長野県で全国植樹祭が開催されるので、しっかり協力していただき、県全体で盛り上げていきたい」と願いながら募金した。

 4日から11日まで飯伊の各小学校と飯田養護学校の新入生に緑化木(西洋シャクナゲなど)1690本を頒布する。このうち飯田市立追手町小学校の新入生への緑化木頒布は、6日に赤門前(市立中央図書館側)で開門式にあわせて行い、新入生30人に西洋シャクナゲを頒布する。

 このほか、シニア大学飯伊学部の入学生に5月10日の入学式で緑化木を頒布する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10