職安が緊急就職面接会開く

社会

[ 2012年 10月 3日 水曜日 10時47分 ]

 雇用情勢の低迷を受け、飯田公共職業安定所(井口武所長)は1日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで緊急の就職面接会を開いた。仕事を探している一般求職者を対象に、2年ぶりに開催。約100人が地元企業34社と個別に面談し、求人の内容や応募方法などについて説明を受けた。

 長引く経済不況に伴う雇用情勢の低迷は改善の兆しが見られず、飯伊でも月間有効求人倍率が0・75倍(8月)と低水準で推移しているほか、大規模人員削減に踏み切る企業が続き、事業主都合離職者が増加している。

 事態を重く見た職安が2年ぶりに開催。賛同した地域の34社・事業所が参加し、178人の求人を出して面談のテーブルを並べた。

 若年層から中高年まで、幅広い求職者たちがスーツ姿で参加。配布された求人一覧で希望に応じた職種を探し、次々と各企業と面談した。

 事業所の人事担当者たちは、事業の内容や求人概要などを説明。採用に向けて、選考方法や具体的な日程などを伝える事業所もあった。

 市内の男性求職者(45)は「企業の話を直接聞くことができ、前向きになれた」。同市の他の男性(35)は「製造関連への就職を希望しているが、全体的な求人が少ないのが残念」と話した。

 職安は今後も機会をとらえて、面接会を重ねる計画。22日には、障害者の求人を対象にした「障害者ふれあい面接会」(午後1時半―3時半)を飯田市東栄町のさんとぴあ飯田で開く。

 職安の井口武所長は「雇用情勢が厳しいなか、34の事業所が参加してくれたことに感謝したい。求職者のみなさんが1日も早く再就職できるよう、今後も精力的に取り組む」と決意。求職者に対しては「引き続き、積極的なアプローチをお願いしたい」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15