職安が緊急就職面接会開く

社会

[ 2012年 10月 3日 水曜日 10時47分 ]

 雇用情勢の低迷を受け、飯田公共職業安定所(井口武所長)は1日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで緊急の就職面接会を開いた。仕事を探している一般求職者を対象に、2年ぶりに開催。約100人が地元企業34社と個別に面談し、求人の内容や応募方法などについて説明を受けた。

 長引く経済不況に伴う雇用情勢の低迷は改善の兆しが見られず、飯伊でも月間有効求人倍率が0・75倍(8月)と低水準で推移しているほか、大規模人員削減に踏み切る企業が続き、事業主都合離職者が増加している。

 事態を重く見た職安が2年ぶりに開催。賛同した地域の34社・事業所が参加し、178人の求人を出して面談のテーブルを並べた。

 若年層から中高年まで、幅広い求職者たちがスーツ姿で参加。配布された求人一覧で希望に応じた職種を探し、次々と各企業と面談した。

 事業所の人事担当者たちは、事業の内容や求人概要などを説明。採用に向けて、選考方法や具体的な日程などを伝える事業所もあった。

 市内の男性求職者(45)は「企業の話を直接聞くことができ、前向きになれた」。同市の他の男性(35)は「製造関連への就職を希望しているが、全体的な求人が少ないのが残念」と話した。

 職安は今後も機会をとらえて、面接会を重ねる計画。22日には、障害者の求人を対象にした「障害者ふれあい面接会」(午後1時半―3時半)を飯田市東栄町のさんとぴあ飯田で開く。

 職安の井口武所長は「雇用情勢が厳しいなか、34の事業所が参加してくれたことに感謝したい。求職者のみなさんが1日も早く再就職できるよう、今後も精力的に取り組む」と決意。求職者に対しては「引き続き、積極的なアプローチをお願いしたい」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞