詐欺や事故防止で丸山保育園児が啓発

社会

[ 2014年 2月 14日 金曜日 8時41分 ]

 交通安全や防犯に取り組むチャイルドポリスに指定される丸山保育園の年長園児15人が12日、市内量販店出入り口で振り込め詐欺防止や交通安全を呼び掛ける街頭啓発の初任務に臨んだ。作成した横断幕を手に、大きな声で来店者に注意を呼び掛けた。

 チャイルドポリスは飯田署が川路保育園を県内初のモデルとして取り組み3年目。年長園児を中心に「子ども警察官」に任命し、交通安全意識を高めると同時に、子どもを通じて高齢者を含む大人や企業などへの安全意識の高揚につなげる狙い。丸山保育園と鼎幼稚園を昨年10月に任命し、現在、三穂保育園を含む市内4園の園児たちが積極的な活動を展開している。

 屋外での 初めての任務となったこの日は、 同署生活安全課や消費生活センター、飯田消費者の会メンバーらも参加。「ふりこめサギに気をつけてね!」「夜道は反射板をつけてね」の園児手作りの横断幕を掲げ、特殊詐欺被害防止のためのチラシなどを配布した。

 同署によると、昨年の管内の特殊詐欺被害は10件、約6000万円に上った。消費生活センターにも高齢者を中心に「パンフレットが送られてきた」などの相談が多く寄せられているといい「振り込む前に誰かに相談してもらいたい」と呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞