豊丘村 来年度も村営バス実証運行継続へ

社会

[ 2010年 3月 12日 金曜日 8時56分 ]

 豊丘村地域公共交通会議(会長・吉川達郎村長)は10日夜、村役場で会合を開き、村営バスの4路線について来年度も継続して実証運行することを決めた。利用者数などのデータ分析を専門家に依頼する計画で、吉川会長は「専門家の提言を踏まえ村に適した公共交通を構築し、来年4月の本格実施を目指したい」としている。

 同地域公共交通会議は村長ほか区長、関係事業所ら20人で構成。うち14人が出席した。

 2010(平成22)年度事業計画によると、堀越、佐原、壬生沢福島、滝川阿島北の4路線について引き続き実証運行する。また、新たな試みとして複数の専門家にデータ分析を依頼する。専門家からの提言と住民の意見、要望をもとに「豊丘村に最も適した公共交通対策の構築を目指す」という考えで一致した。

 ただ複数の委員からは、車を運転できない高齢者や障がい者ら交通弱者を対象に、利用者の要求(デマンド)に応じて乗降できる「デマンドバス」を取り入れるべきといった声もあり、来年度の検討課題に加えた。村では73歳以上の高齢者を対象に有料福祉タクシーを運行しており、デマンドバスとの併用も含め検討していく。

 村などによると、デマンドバスは、赤字続きの路線バスを大幅縮小する代わりの措置として取り入れている自治体もある。無料で自宅から病院やスーパーでの買い物など目的地まで送迎する―といった例を示した。

 今年度の実績を踏まえ、各路線の夜便を「利用度が低い」などとし休止を決めた。利用者の要望を受け、佐原線のルートの一部を変更したほか、JR飯田線との接続をスムーズにできるよう堀越、佐原、壬生沢福島線の昼便のダイヤを見直した。いずれも4月1日から変更する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48