郵便事業会社が年賀状の出発式

社会

[ 2012年 1月 5日 木曜日 9時50分 ]

 元日の1日早朝、飯田市鈴加町の郵便事業株式会社飯田支店(高野達夫支店長)で年賀状の配達出発式が開かれた。社員ら約100人がオートバイに年始のあいさつを積み込み、局を出発。飯田下伊那地域では、初日の元日だけで約294万通を各家庭に届けた。

 初日の出直前の午前7時に、局内の駐車場で出発式を開催。高野支店長が「新年度は正念場の年。実り多き年にするかはきょうから始まる第4四半世紀に掛かっている」とあいさつ。ことし一番の仕事となる年賀状の配達業務のスタートについて「安全安心を最優先させ、1通たりとも誤配のないよう心がけてほしい」と呼びかけた。

 合図に従い、真っ赤なオートバイがエンジン音を上げながら次々と局を出発。風越山を背に東西南北へと幹線道を散らばり、各所に向かった。

 かつては自転車で配達する高校生たちの姿が風物詩になっていたが、安全への配慮や誤配防止に向けて昨年から取りやめている。264人の高校生アルバイト員は、集配・仕分け業務などに専念し、活躍した。

 飯田下伊那地域全域では、正月期間中に約400万通を配達する予定。元旦配達分の投函数は一人当たり14通、1世帯あたり39通と推定されている。

 民営化5年目で作業の効率化が進み、元日の配達数は大幅に向上している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24