阿智村 若い新規就農者励ます、U・Iターン者ら6人囲み

社会

[ 2011年 2月 25日 金曜日 15時46分 ]

 阿智村と村農業委員会は23日、新規就農者の激励会を村コミュニティ館で開いた。和牛の繁殖や養鶏、野菜栽培を目指すU・Iターン者、果樹園を継ぐ意思を固めた住民を、岡庭一雄村長と農委、村産業振興公社の役員ら30人が励ました。

 新規就農者9人のうち、6人が出席。村長らが花束を贈った。

 Iターンの2組は「就農地を探していたところ、阿智は対応が迅速で、希望にかなった土地を見つけられた」「支援制度が充実していて、好意的に対応してくれたので、ここ一本に絞って探した」と関係者に感謝。ホクレン勤務を経て、伍和青見平で就農する絹田さんは「放し飼いの養鶏をしながら、10年後を見据えて果樹の準備にも取り組みたい」と抱負を語った。

 意見交換で農委会長の園原一典さんは「1年先輩にあたるIターン者の中には、私の予想を上回る収入を農業で得ている人もいる。頑張れば見返りがあるという希望を胸に、身を粉にして働いて」と激励した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞