青少年月間にあわせ街頭啓発活動

社会

[ 2015年 7月 3日 金曜日 9時47分 ]

 県子ども・若者育成支援推進本部は1日、7月の「青少年の非行・被害防止全国強調月間」と「青少年に有害な社会環境排除県民運動強化月間」のスタートにあたり、県内139カ所で一斉に街頭啓発活動を実施した。これに併せ「信州あいさつ運動」も行った。

 飯田下伊那では、下伊那地方事務所が飯田市3カ所、高森町1カ所の大型店で関係者19人が啓発物品のチラシとポケットティッシュ1000セットを買い物客らに配り、街頭啓発を行った。このほか、喬木村のAコープ店で保護司会や更生保護女性会、村教育委員ら30人、豊丘村の3小中学校で更生保護女性会の11人がそれぞれ啓発物品を配布した。

 飯田市では16日、イオンアップルロード店とイオン飯田店で青少年育成推進委員、わが家の結いタイム推進協議会委員、下伊那農業高校インターアクトクラブの生徒ら40人が啓発物品を配布。松川町では6日、町内の3小中学校で関係者20人があいさつ運動と啓発物品の配布を行う。

 県、県教委、県警本部でつくる同推進本部は、「青少年は地域社会からはぐくむ」という視点に立って、家庭や学校、地域住民、企業、団体、行政が一体となった県民総ぐるみの青少年育成運動を推進し、有害環境の浄化と非行防止の意識高揚を図る。

 同市上郷飯沼のイオン飯田店では、同地事所の副所長ら関係機関の代表5人が、啓発物品300セットを配り、運動への理解と協力を呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞