飯伊のブロック塀、4校4カ所倒壊の恐れ いずれも撤去改修方針

社会

[ 2018年 6月 30日 土曜日 14時45分 ]

撤去する上郷小プールのブロック塀

 6月18日の大阪府北部の地震でブロック塀が倒壊し、女子児童が死亡したことを受け、県教育委員会は29日、県内の市町村立学校で実施したブロック塀の調査結果を発表した。飯田下伊那地域の4校4カ所を含む12校15所が倒壊の恐れがあり、各市町村教委が撤去や改修の方針を示している。

 各市町村教委が548校を点検した。

 小学校の16カ所、中学校の6カ所で現行の建築基準法に不適合だったブロック塀があり、詳しく調べたところ、飯田市の伊賀良小学校、上郷小学校、飯田西中学校、阿南町の阿南第一中学校を含む15カ所が倒壊の恐れがあることが分かった。

 飯田市教委によると、伊賀良小は長さ4・4メートル、上郷小は長さ33メートルでいずれもプールの目隠し用。西中は21メートルの長さで民地との境に段々状にある。いずれも1・2メートル以上の高さがあり、建築基準法で義務付けられている垂直状の控え壁がなく、安全基準を満たしていない。

 近づかないようロープを張って注意を促しており、伊賀良小と上郷小は撤去、西中は高さを1・2メートル以下に改修する方針。

 阿南一中のブロック塀は学校北側にあり、長さは12・5メートル。町教委によると、地震前から傾きがあり、夏休み中に撤去する予定だったが、予定を早めて週内に撤去する方針。現在はバリケードを張り、近づかないよう注意喚起している。

 県教委によると、飯伊では他にいずれも小学校で飯田市1校、喬木村の1校で建築基準法不適合のブロック塀があった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞