飯伊各地で衣替え

社会

[ 2012年 10月 2日 火曜日 9時55分 ]

 昨夜の台風17号による激しい風雨から一転して晴天の朝を迎えた1日、飯田下伊那地域の各地で、夏用から冬用の制服に衣替えして登校する生徒らの姿が見られた。街にもカーディガンやジャケットを羽織る人が増え、日に日に深まりゆく秋を感じさせている。

 午前8時過ぎのJR飯田駅前には、飯田風越高校の生徒や会社員、電車を利用しようと駅に向かう学生らも見られた。

 この日は雲の間から太陽がのぞき、涼しい風が吹き抜けるさわやかな秋の朝を迎えた。飯田風越高校では現在制服の移行期間中で、紺色の冬服を着用した生徒のほか、白い夏服の上にカーディガンやセーターを着て学校に向かう姿もあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)