飯田で就職面接会開く

社会

[ 2012年 11月 3日 土曜日 9時02分 ]

 飯田公共職業安定所(ハローワーク飯田)は2日午後、飯田市育良町のシルクプラザで飯伊地域就職面接会を開いた。来春卒業予定の大学、短期大学、専修学校、高校の卒業予定者に加え、卒業3年目までの既卒者にも門戸を拡げた。地元からは昨年を大幅に上回る56社が参加し、面談のテーブルを並べた。

 事業所と求職者の面接機会をさらに増やすことで、求人充足と求職者の早期就職を促進する目的で開催。各企業から人事採用担当者が出席し、個別ブースで直接面談を行った。

 飯伊の雇用情勢は9月も月間有効求人倍率が0・75倍と低迷しているが、製造業、サービス業、卸売・小売業などから56社が128件256人の求人を出して参加し、面接方式で求人の内容や応募方法の説明を行った。

 制服やリクルートスーツに身を包んだ参加者たちは、開始早々から受付で手渡された冊子に目を通し、気になる企業を見つけては次々と面談のテーブルに。担当者から業務内容や募集職種について説明を聞き、質問をぶつけた。

 雇用情勢の厳しさを肌で感じている学生が多く、熱心に各テーブルをめぐる参加者の姿が目立った。

 愛知県を中心に就職活動を行ってきたという女子学生は「なかなか情報が得られなかった地元の企業が1カ所に集まってくれてうれしい。しっかり話を聞き、良い就職先を見つけたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ペルセウス座流星群見えた

8月13日木曜日13:58

生前の収集品や写真を

8月13日木曜日13:51

花火の下で盆踊りの輪

8月12日水曜日15:13

キバナコスモスが見頃

8月12日水曜日15:52

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞