飯田中心商店街連合会がおもてなし事業

社会

[ 2012年 5月 18日 金曜日 9時30分 ]

 飯田中心商店街連合会(神藤偉司会長)は6月から、買い物困難者対策および商業振興の一環として「飯田商店街シルバーおもてなし事業」を実施する。12年度県の地域発元気づくり支援金採択事業。6月―11月までの第3金曜日、中心市街地の商業者それぞれが65歳以上の高齢者向けサービスを展開する。

 同会では21日まで事業参画事業者を募集(参加料は1000円)。サービス内容は、商品の割引やプレゼントなど各事業者でそれぞれ検討。内容をまとめたポスターを製作し、各事業者が店頭に掲示する。また、知久町1丁目の空き店舗を無料休憩情報スペースとして活用。イベント開催などを通じ、高齢者のコミュニケーションの場としての活用を目指す。

 高齢者の移動手段を確保するため、公共交通機関との連携も。時刻表や路線図の周知など、市街地への交通手段を積極的にPRしていく。

 同会では「高齢者の方々に商店街での買い物を楽しんでもらうとともに、高齢者間のコミュニケーションを促進し、横のつながりを強くできる事業になれば。その上で消費拡大に結びつけたい」と話している。

 同事業に関する問い合わせは飯田商工会議所(電話0265・24・1141)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio