飯田中心商店街連合会がおもてなし事業

社会

[ 2012年 5月 18日 金曜日 9時30分 ]

 飯田中心商店街連合会(神藤偉司会長)は6月から、買い物困難者対策および商業振興の一環として「飯田商店街シルバーおもてなし事業」を実施する。12年度県の地域発元気づくり支援金採択事業。6月―11月までの第3金曜日、中心市街地の商業者それぞれが65歳以上の高齢者向けサービスを展開する。

 同会では21日まで事業参画事業者を募集(参加料は1000円)。サービス内容は、商品の割引やプレゼントなど各事業者でそれぞれ検討。内容をまとめたポスターを製作し、各事業者が店頭に掲示する。また、知久町1丁目の空き店舗を無料休憩情報スペースとして活用。イベント開催などを通じ、高齢者のコミュニケーションの場としての活用を目指す。

 高齢者の移動手段を確保するため、公共交通機関との連携も。時刻表や路線図の周知など、市街地への交通手段を積極的にPRしていく。

 同会では「高齢者の方々に商店街での買い物を楽しんでもらうとともに、高齢者間のコミュニケーションを促進し、横のつながりを強くできる事業になれば。その上で消費拡大に結びつけたい」と話している。

 同事業に関する問い合わせは飯田商工会議所(電話0265・24・1141)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞