飯田動物園で鳥インフル対策を強化

社会

[ 2016年 12月 14日 水曜日 15時46分 ]

003動物園

 安曇野市で今月3日、野生のコハクチョウから簡易検査で鳥インフルエンザ遺伝子が検出されたことを受け、23種類45羽の鳥類を飼育する飯田市立動物園では、緊急対策として消石灰(しょうせっかい)を飼育施設周辺に散布するなど、防疫対策を強化している。14日に発表された確定検査の結果によると、同コハクチョウから鳥インフルエンザ遺伝子は検出されなかったものの、名古屋市の東山動物園では感染が確認され休園となっており、飯田動物園でも引き続き警戒を強める。]

 消石灰は、水酸化カルシウムと呼ばれ、周辺に散布することで、ウイルスなどを死滅させたり、野鳥やネズミなどの野生生物を遠ざける効果がある。効果の持続期間などを考慮し、2週間に1回程度の頻度で散布を行うという。

 同園では、従来から正門および裏門への消毒マットの設置をはじめ、消毒液の入った踏み込み槽による飼育員の靴裏消毒などの防疫対策を実施。安曇野市の報を受け、鳥舎専用の長靴を用意した他、飼育員のマスク着用や手洗いの徹底を図った。また、鳥に異変を感じた際にはすぐに報告するよう飼育員に指導。来園者には案内板で靴裏および手指の消毒の徹底を促している。

 安曇野市のコハクチョウの確定検査結果を受け、長良健次園長(68)は「まずはほっとした」としつつも、「東山動物園の例もありまだまだ予断を許さない。今のところ鳥の異変などは確認されていないが、今後も防鳥ネットの修繕などできる限りの対策をとっていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号