飯田大火70年で市消防団が特別警戒

社会

[ 2017年 4月 21日 金曜日 15時29分 ]

002taika

 飯田市の中心市街地の約8割にあたる60万平方メートルを焼失した1947(昭和22)年の飯田大火から70年の節目となった20日、市消防団(宮下和博団長)は「飯田大火70年特別警戒」を展開した。昨年12月の糸魚川大火も教訓に20年ぶりに実施。市街地に消防車16台を走らせ、放送で防火を呼び掛けた。

 団員や飯田広域消防本部の職員ら約50人が参加し、2コースに分かれて市街地を巡回。鐘を鳴らしながら防火を呼び掛ける放送を流し、住民一人一人に防火意識を高めるよう啓発した。

 出動に先立ち、東栄町の飯田消防署で出発式を開いた。訓示で佐藤健副市長は、復興シンボルのりんご並木が「ビルド・バック・ベター」(災害前より災害に強い仕組みをつくる)の象徴的事例になっているとし、「先人たちがつくってくれたまちを再び失うことがないよう、住民の防火意識を高めて」と激励した。

 宮下団長は「大火防止はもちろん、1件でも火災を減らせるよう啓発する」と決意を述べた。

 大火特別警戒は、50年の節目に行って以来20年ぶり。新潟県糸魚川市の大規模火災を踏まえて「過去の災害を教訓に防火意識を高める」目的で実施した。

 飯田大火は47年の4月20日に市街地の南側(当時の上常盤町)から出火。南風にあおられて火の手は瞬く間に広がり、橋南や橋北、東野地区を中心に4010世帯が罹災(りさい)した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30