飯田市と松川町のコメが放射性物質検出されず

社会

[ 2011年 8月 31日 水曜日 8時54分 ]

 県下伊那地方事務所農政課は29日、2011年産米を対象に県が進める放射性物質検査で、飯田下伊那地域で最初に採取した飯田市と松川町のコメについて、放射性物質は検出されなかったと発表した。検査結果を受け、両市町への出荷自粛措置は同日付けで解除となった。

 24日に両市町で収穫が最も早い農家の水田からサンプルを採取し、翌日に玄米2・2キロずつを日本食品分析センター(東京都)に送付。29日の検査で放射性セシウムや放射性ヨウ素は検出されなかった。

 県はコメの放射性物質検査を川上村を除く県内76市町村で順次実施。飯伊では9月下旬までを見込む。検査結果が判明し、放射性セシウムが暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)以下と確認されるまでは、該当市町村のコメの出荷や販売、譲渡、贈答などの自粛が生産者に求められている。

 29日の不検出の結果を受け、同課は両市町を通じて住民らに出荷自粛の解除を伝えている。そのほかの飯伊町村は、阿南町のサンプル米は検査機関に送付済み。残る11町村についても9月下旬にかけての収穫期に合わせて順次、行われる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞