飯田市街地で防犯カメラ取り付け

社会

[ 2014年 11月 19日 水曜日 9時10分 ]

 飯田市の中心市街地で今月から、防犯カメラの取り付け工事が行われている。放火をはじめとする犯罪や不法投棄の防止につなげようと、12の商栄会・商店街が12月末までに96台を設置する。

 防犯カメラは中央通り1~4、知久町1~3、銀座、伝馬町1、桜町1・2、ユニー通りに1629万円をかけて設置。8月末に交付が決まった国の補助金約1000万円を利用する。

 ごみ集積所のごみ袋に掛けてあったネットが6月に燃やされた中央通り1には、高画質・広画角の防犯カメラ7、8台と看板10枚、LED照明30台などを設置する計画で、近く工事が始まる。

 看板には防犯カメラ設置の説明に加え、ごみ出しのルールに関する注意も書き、不法投棄を防ぎたい考えだ。

 補助金の申請に関わってきた中央通り1商栄会の役員は「防犯カメラが放火をはじめとする犯罪の抑止力になれば」と設置効果に期待している。

 最も早い14日から工事が始まった銀座では、24台をアーケードに順次取り付けている。商栄会の役員は「不審火には引き続き注意する必要がある。設置すれば少しは安心できるが、今後も安全対策を考えたい」と話している。

 桜町1、2丁目商栄会は防犯灯13台とLED照明65基などを設置する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞