飯田職安がふるさと企業説明会開く

社会

[ 2013年 12月 25日 水曜日 9時32分 ]

 2015年春の採用に向けた会社説明会の解禁を受け、飯田職業安定協会(会長・柴田忠昭飯田商工会議所会頭)は24日、飯田市育良町のシルクプラザで「南信州・飯田ふるさと企業説明会」を開いた。2015年3月と2014年3月卒業予定の大学生、短大生、専門学校生、3年以内の既卒者が対象。地元企業38社が面談のテーブルを並べ、学生たちに事業内容や採用計画などを個別に説明した。

 就職活動の本格化を前に、企業、学生の双方に備えてもらおうと同協会が7年前から開いている。

 これまでは2月に開いてきたが、戦線の早期化を受け、ことしは来年2月に加え、初めて「12月開催」も企画。長引く経済低迷を踏まえ、昨年に続いて3年以内の既卒者まで対象にした。

 会場ではリクルートスーツに身を包んだ学生たちが、続々と受け付けを行った。受け取った案内書を参考にしながら、各企業のテーブルに赴いて順に担当者らと面談した。

 ふるさとの企業の実態を知ることができる貴重な機会とあって、県外の大学に通う地元出身者の姿もあった。

 愛知県の大学に通っているという男性(21)は「景気の回復が叫ばれてるが、厳しさは変わらない。地元就職も念頭に、企業の状況をしっかり把握したい」と話した。

 同協会事務局は「地元企業にとってはUターン者を含めて優秀な人材を獲得する好機」と強調。「大勢の学生にふるさとに戻り、地元の産業振興、経済発展に貢献してほしい」としていた。

 来年2月7日にも開催する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞