飯田職安が合同就職面接会を緊急開催

社会

[ 2010年 1月 23日 土曜日 8時44分 ]

 今春の学卒予定者を対象にした緊急の合同就職面接会が22日、飯田市育良町のシルクプラザで開かれた。高校生や大学生などの就職内定率の低迷を受け、飯田公共職業安定所(前本秋次所長)が企画。学生たちは「最後のチャンス」と位置付け、次々と面談のテーブルに付いた。

 世界的な経済低迷に伴う雇用情勢の悪化を受け、飯田下伊那地域でも新規学卒者の就職内定率が低下。高校3年生の就職内定率(11月末現在)は82・3%で前年を3・0%下回っている。実数はわかっていないものの、大学や専門学校の卒業予定者の同率も、平年を下回っているものと見られる。

 事態を重く見た職安は、卒業を2カ月後に控える大学生、高校生、専門学生ら学卒予定者に対象を絞り、面接会を初開催した。

 熱心な職安の呼び掛けに応じ、地元企業25社が参加し、面談のテーブルを並べた。

 参加者たちは、手渡された冊子を参考にしながら、気になる企業のテーブルを訪問。真剣な表情で業務内容や募集職種についての説明を受けた。

 「最後のチャンス」と位置付ける学生も多く、東京の専門学校に通う男子学生は「就職浪人は避けたいが、この時期になるとかなり厳しい。地元でなんとか見つけたい」と話し、次のテーブルへ急いだ。

 開会前の説明会で、前本所長は「若い世代が働く場所を必要としている。1人でも多くが就職に結びつけるようお願いします」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞