飯田郵便局で年賀状の投かん開始

社会

[ 2017年 12月 15日 金曜日 15時28分 ]

003nenga

 飯田市鈴加町の飯田郵便局(千野朗局長)で15日、2018年用年賀状の引受開始イベントが開かれた。式には、飯田中央保育園の年長、年中園児20人が出席し、友達に宛てて書いた年賀状を一人一人専用ポストに投かん。「早く元旦にならないかなぁ」と、届くのを心待ちにしていた。

 この日は、園児による歌の披露をはじめ、飯田市立動物園の協力により、来年のえとの「犬」にちなんだパネルづくりも実施。また、日本郵便のキャラクターで、「ゆるキャラグランプリ2016」の企業部門でグランプリに輝いた「ぽすくま」も登場し、園児らの笑顔を誘うなどイベントを盛り上げた。

 同園では毎年、日本の伝統文化である年賀状を通じて、手紙をやりとりする楽しさを感じてもらおうと、2人一組のペアをつくり、互いに年賀状を出し合っているという。塩澤鎮子園長は「手紙を受け取る喜びを感じることで、書くことに親しんでもらえたら」と期待を寄せた。

 千野局長は、「日本の文化を守り、つないでいくためにも、しっかり配達させていただく。ぜひ多くの方にご利用いただき、ともに大切な文化を守っていけたら」と話し、元旦の配達には25日までの投かんを呼び掛けている。

 ことし6月に郵便はがきの値上げが行われて1枚62円となったが、年賀はがきについては「日本伝統の手紙文化を守るためにも」と、52円で据え置かれている。このため、年賀はがきの利用期間外となる1月8日からは一般はがき扱いとなり、10円分の切手を貼り足す必要がある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10