飯田郵便局に年賀はがき搬入

社会

[ 2017年 10月 5日 木曜日 15時06分 ]

002nengajo

 2018年用年賀はがきが6日、飯田市鈴加町の飯田郵便局(千野朗局長)に搬入された。この日は、226万枚が同局に届いた後、飯田下伊那地域の主要54局へと分配された。今後も需要を見ながら順次追加分が搬入される。一般販売は11月1日から。

 この日は、年賀はがきの入ったダンボール箱565箱が、大型トラックで同局発着口に届けられると、局員らが次々とトラックから運び出し、各局に割り当てた数量ごと分けていった。

 同局によると、昨年は初回搬入が306万枚。昨年から約80万枚減少した理由について、井上育朋総務部長は「年賀状を送る人が減少していることもあるが、印刷から発送まで来店することなく可能な、インターネットサービスの利用者が増えていることが大きな要因」とした。

 年賀はがきの種類は、インクジェット紙の無地やキャラクターデザイン、絵入りの寄付金付きなど。近年はインクジェット紙の無地が主流になっているという。また、キャラクターデザインでは、来年がいぬ年となることから、「スヌーピー」が新たに加わった。

 ことし6月に郵便はがきの値上げが行われ、1枚62円となったが、年賀はがきについては「日本伝統の手紙文化を守るためにも」と、52円で据え置かれた。

 このため、年賀はがきの利用期間となる12月15日~1月7日以前、以後に差し出す場合は一般はがき扱いとなり、10円分の切手を貼り足す必要がある。

 水上部長は「新年にあたり、親子や友人、知人間で、元気に暮らしている様子を年賀状で伝えあってほしい。心のこもったはがきを手に取ることで、温かみが感じられるはず」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52