飯田郵便局に年賀はがき搬入

社会

[ 2017年 10月 5日 木曜日 15時06分 ]

002nengajo

 2018年用年賀はがきが6日、飯田市鈴加町の飯田郵便局(千野朗局長)に搬入された。この日は、226万枚が同局に届いた後、飯田下伊那地域の主要54局へと分配された。今後も需要を見ながら順次追加分が搬入される。一般販売は11月1日から。

 この日は、年賀はがきの入ったダンボール箱565箱が、大型トラックで同局発着口に届けられると、局員らが次々とトラックから運び出し、各局に割り当てた数量ごと分けていった。

 同局によると、昨年は初回搬入が306万枚。昨年から約80万枚減少した理由について、井上育朋総務部長は「年賀状を送る人が減少していることもあるが、印刷から発送まで来店することなく可能な、インターネットサービスの利用者が増えていることが大きな要因」とした。

 年賀はがきの種類は、インクジェット紙の無地やキャラクターデザイン、絵入りの寄付金付きなど。近年はインクジェット紙の無地が主流になっているという。また、キャラクターデザインでは、来年がいぬ年となることから、「スヌーピー」が新たに加わった。

 ことし6月に郵便はがきの値上げが行われ、1枚62円となったが、年賀はがきについては「日本伝統の手紙文化を守るためにも」と、52円で据え置かれた。

 このため、年賀はがきの利用期間となる12月15日~1月7日以前、以後に差し出す場合は一般はがき扱いとなり、10円分の切手を貼り足す必要がある。

 水上部長は「新年にあたり、親子や友人、知人間で、元気に暮らしている様子を年賀状で伝えあってほしい。心のこもったはがきを手に取ることで、温かみが感じられるはず」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞