飯田郵便局に年賀はがき搬入

社会

[ 2017年 10月 5日 木曜日 15時06分 ]

002nengajo

 2018年用年賀はがきが6日、飯田市鈴加町の飯田郵便局(千野朗局長)に搬入された。この日は、226万枚が同局に届いた後、飯田下伊那地域の主要54局へと分配された。今後も需要を見ながら順次追加分が搬入される。一般販売は11月1日から。

 この日は、年賀はがきの入ったダンボール箱565箱が、大型トラックで同局発着口に届けられると、局員らが次々とトラックから運び出し、各局に割り当てた数量ごと分けていった。

 同局によると、昨年は初回搬入が306万枚。昨年から約80万枚減少した理由について、井上育朋総務部長は「年賀状を送る人が減少していることもあるが、印刷から発送まで来店することなく可能な、インターネットサービスの利用者が増えていることが大きな要因」とした。

 年賀はがきの種類は、インクジェット紙の無地やキャラクターデザイン、絵入りの寄付金付きなど。近年はインクジェット紙の無地が主流になっているという。また、キャラクターデザインでは、来年がいぬ年となることから、「スヌーピー」が新たに加わった。

 ことし6月に郵便はがきの値上げが行われ、1枚62円となったが、年賀はがきについては「日本伝統の手紙文化を守るためにも」と、52円で据え置かれた。

 このため、年賀はがきの利用期間となる12月15日~1月7日以前、以後に差し出す場合は一般はがき扱いとなり、10円分の切手を貼り足す必要がある。

 水上部長は「新年にあたり、親子や友人、知人間で、元気に暮らしている様子を年賀状で伝えあってほしい。心のこもったはがきを手に取ることで、温かみが感じられるはず」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞