飯田郵便局に年賀はがき搬入

社会

[ 2017年 10月 5日 木曜日 15時06分 ]

002nengajo

 2018年用年賀はがきが6日、飯田市鈴加町の飯田郵便局(千野朗局長)に搬入された。この日は、226万枚が同局に届いた後、飯田下伊那地域の主要54局へと分配された。今後も需要を見ながら順次追加分が搬入される。一般販売は11月1日から。

 この日は、年賀はがきの入ったダンボール箱565箱が、大型トラックで同局発着口に届けられると、局員らが次々とトラックから運び出し、各局に割り当てた数量ごと分けていった。

 同局によると、昨年は初回搬入が306万枚。昨年から約80万枚減少した理由について、井上育朋総務部長は「年賀状を送る人が減少していることもあるが、印刷から発送まで来店することなく可能な、インターネットサービスの利用者が増えていることが大きな要因」とした。

 年賀はがきの種類は、インクジェット紙の無地やキャラクターデザイン、絵入りの寄付金付きなど。近年はインクジェット紙の無地が主流になっているという。また、キャラクターデザインでは、来年がいぬ年となることから、「スヌーピー」が新たに加わった。

 ことし6月に郵便はがきの値上げが行われ、1枚62円となったが、年賀はがきについては「日本伝統の手紙文化を守るためにも」と、52円で据え置かれた。

 このため、年賀はがきの利用期間となる12月15日~1月7日以前、以後に差し出す場合は一般はがき扱いとなり、10円分の切手を貼り足す必要がある。

 水上部長は「新年にあたり、親子や友人、知人間で、元気に暮らしている様子を年賀状で伝えあってほしい。心のこもったはがきを手に取ることで、温かみが感じられるはず」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号