飲食店への影響深刻

社会

[ 2020年 4月 11日 土曜日 14時34分 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大が飯田下伊那地域の飲食・サービス業をはじめとするさまざまな業種に大きなダメージを与えている。飲食店は店内での提供からテークアウト・宅配にシフトチェンジすることで、経験したことのないピンチを乗り切ろうと努力する店が増えているが、臨時休業に入る店も目立ち始めた。

 「飲食店は今、存続の危機にあるよ」│。納入業者の男性は硬い表情で語り始めた。「2月は宴会や会合がなくなり、大きな所に影響があったが、小さな店や新規開業した店は個人客がいたし、3月に入ってもまだよかった」。

 潮目が変わったのが、県飯田保健所管内で最初の新型コロナウイルス感染症患者が確認された3月27日。飯田市内のある飲食店は「感染者が来店した」という誤った情報の被害に遭い、同月29日から客足がぱったり途絶えて売り上げが激減した。

 アルバイトスタッフからSNSに「デマ」が書かれていると聞き、保健所に問い合わせたが、来店した事実はなかった。

 状況は刻々と変わっている。現在はデマとは関係のない店も売り上げ減に苦しみ、テークアウトや宅配に力を入れつつ、気心の知れた客の支えで営業を続けている。

 常連の多い人気店も「宴会はキャンセルになるし、昼夜ともお客さんが減った」と落胆の表情。別の経営者はまず営業時間を短縮し、続いて夜の営業をやめ、近く臨時休業に入る。テークアウトは「注文があれば受ける」という。

 デマの被害に遭った店主は「外食しにくい立場や高齢の同居家族への影響など、不安な気持ちは分かるから『来てください』とは言いにくいけれど、知人やこれまでのお客さんが『テークアウトだけでも』と力になってくれたり、応援の電話、メッセージをくれて本当にありがたい」と感謝を口にし「消毒などの対策は万全。自信を持って営業を続けたい」と前を見据える。

 店主は同じようなデマの被害に遭った店や感染してしまった人のことも「悔しいと思う気持ちは分かるし、かわいそう」と気遣い「どうか不確かなことを軽率に言ったりしないでほしい」と訴えている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞