駒場線で金曜限定のナイトバス運行

社会

[ 2010年 12月 10日 金曜日 9時28分 ]

 忘年会シーズンを迎え、路線バス駒場線の最終便を1時間延長する「年忘れナイトバス」の運行が始まった。3日を皮切りに12月の毎週金曜日(10、17、24日)限定で運行し、飲酒運転根絶、地元経済の活性化に結び付けたい考えだ。

 南信州地域交通問題協議会(事務局・南信州広域連合)が実施主体で、飯田商工会議所、飯田警察署などが連携した地域ぐるみの取り組み。忘年会が多くなるこの時期、最終便が午後8時半の同線利用者から「もう少し遅い時間があるとうれしい」という声を受け、試験的運行に乗り出した。

 今回は最終便の飯田駅前発をこれまでよりも1時間遅らせた午後9時半発を1本増便。同駅前停留所から曽山入口停留所までの区間で運行し、乗車料金は通常区間料金の2倍で1000円を上限とする。定期券持参者は通常通りで利用できる。

 初回の3日、さっそく乗車した利用者は「本当にありがたい。1時間遅れるだけでだいぶ違う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12

飯田市予算案21年度474億円

2月17日水曜日15:01

移住や広域観光で連携

2月16日火曜日15:23










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞