鳩打トンネルが1年4カ月ぶりに開通

社会

[ 2011年 2月 16日 水曜日 9時54分 ]

 飯田市の林道鳩打線が15日、鳩打トンネルの崩落から1年4カ月ぶりに開通した。16日の渓流釣り解禁を目前に控え、安心安全なトンネルによみがえった。

 鳩打トンネルは延長303メートル、幅員3メートル、高さ3メートル。戦前の1944年に素掘りで開通した。経年劣化が進み、2002年と08年にも一部崩落したが、いずれも崩落箇所の改良工事を実施し復旧。09年10月14日には大瀬木側入口から約220メートル~235メートル地点で約60立方メートルの土砂が崩落し、通行不能になった。

 市は崩落復旧と改良工事を同年12月22日からことし1月31日までの工期で三六組に3億3264万円の請負金額で発注していた。完成したずい道改良工事は延長297メートル、幅員3メートル。ずい道内は3メートルの高さ制限、2・3メートルの車幅制限がある。トンネル工事は延長233・6メートルで、薬液注入工63本を実施した。

 崩落前は露出していた岩肌にはコンクリートが覆われ、側溝にも蓋が付けられた。トンネル内の照明は太陽光発電を利用するが、蓄電設備がないため、通行車両のほとんどない夜間などは明かりがない。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞