1年の実証経て本格運行

社会

[ 2020年 10月 1日 木曜日 15時47分 ]

 昨年10月から実証実験を続けていた高森町の公共交通バスが1日、本格運行を開始した。合わせて停留所を増設し、一部でフリー乗降区間を設けるなど利便性を向上した。

 同日は本格運行のスタートを祝い、出発地の下伊那厚生病院(吉田)近くで式典も開いた。壬生照玄町長は本格運行の実現を喜び関係者に感謝。「地域の皆さんの足として利用してもらいたい。今後もより使いやすいバスになるよう取り組んでいきたい」と述べた。

 運行事業者の北部タクシーの村澤文彦社長は、バス内の感染症対策の徹底を強調し「エッセンシャルワーカー(日常生活に欠かせない仕事を担う人)としての使命を果たしたい」と語った。

 町は1987年から、町内を循環する福祉バスを運行。他の公共交通機関と接続でき、通院、通学、買い物、観光など幅広く活用できる公共交通バスへの変更を計画した。

 昨年10月から実証実験を行い、今年4月に有償化。新型コロナウイルスによる利用減などもあったが、継続した利用が見込まれることを確認し、本格運行に移行した。

 同日から、吉田河原保育園東に停留所を新設した。山吹方面の通学・通勤用のバスで新たに、停留場以外でも乗降車が可能な「フリー乗降区間」を設けた。バス車両も年度内に更新する。

◎写真説明:高森町公共交通バスが本格運行

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞