11月は「子ども・若者育成支援強調月間」

社会

[ 2011年 11月 4日 金曜日 16時54分 ]

 11月は「子ども・若者育成支援強調月間」と「青少年に有害な社会環境排除県民運動強化月間」―。県下伊那地方事務所などは両月間に合わせて、地域住民らに青少年の健全育成運動に対する支援や協力を呼び掛けている。

 1日は午後5時半から約1時間にわたり、飯伊の大型店計4カ所で街頭啓発を展開。県子ども・若者育成支援推進本部下伊那地方部を構成する飯田児童相談所や南信教育事務所、飯田保健福祉事務所、小中高の校長会など14機関・団体から21人が参加した。

 各所で5、6人ずつが「伸びよう伸ばそう青少年」と書かれたタスキを着用。各種の悩み事の相談窓口などをまとめた啓発用のチラシやポケットティッシュを買い物客たちに配布し「青少年の健全育成にご協力を」と声を掛けた。

 飯田市上郷飯沼のイオン飯田店で活動した下伊那地事所の久保田篤所長は「何もしなければ何も変わらない。啓発活動に工夫を加えながら、1人でも多くの関心を高め、問題を抱える子どもや保護者たちの支えにつながれば」と話していた。

 月間中の重点取り組みは「愛の声かけ」運動。地域の大人たちが子ども一人ひとりに関心を持ち、良いことはほめ、悪いことは注意する環境形成を目指し、市町村の広報媒体や広報車などを通じて理解と協力の輪を広げていく。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞