飯田しんきんビジネスクラブが新入社員研修会

社会

[ 2016年 4月 8日 金曜日 9時31分 ]

 飯田しんきんビジネスクラブ(IBC)=事務局・飯田信用金庫経営相談所内=は7日、飯田市錦町のシルクホテルで新入社員研修会を開いた。飯田下伊那地域の27社から53人が参加。日本CIS認定協会理事の山本富士美さんを講師に迎え、社会人として必要なマナーを学んだ。

 この日は、学生と社会人との違いやコミュニケーションの大切さ、名刺交換や電話対応の基本といったビジネスマナーについて、実践を交えながら確認。参加者がペアになり、おじぎの角度、姿勢に気を付けながらあいさつし合う姿もあった。

 山本さんは「7割の人は出会って30秒で相手の印象を決める。第一印象で自分の良さをきちんと伝えられることが、社会人には大切。それがその人としてだけでなく、会社の印象としても残る」と指摘した。

 好感度を良くするためには、表情や外見、態度など、目から入る情報がもっとも重要であることを挙げた。参加者はペアになって互いの身だしなみをチェックした。

 寝癖やひげのそり残しはないか、仕事のしやすい髪型や化粧をしているかなどを確認し合っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio