JAとファミマが県内初の移動販売~買い物弱者対象に~

社会

[ 2012年 12月 22日 土曜日 13時42分 ]

 フランチャイズ契約を結んでいるJAみなみ信州(矢澤輝海組合長)とコンビニエンスストアチェーンのファミリーマート(上田準二社長)は21日、買い物弱者を対象にした軽自動車「ミニファミ号」による移動販売を始めた。三穂、上久堅、下久堅、千代、龍江、川路の6地区で営業し、個別訪問の要望にも応じる。

 JAが同地区などの組合員を対象に行った経済事業に関するアンケートでは、期待するサービスの1位に「移動購買車による買い物」が挙げられ、サービスが行われた場合は38%が「利用したい」と回答。「店舗がない中山間地の居住者にも商品を届け、ファミマ号をコミュニティーの場にしてほしい」とするファミマ側の意向とニーズが一致し、サービス開始を決めた。

 ファミマが用意した冷蔵・冷凍設備を備える軽トラックを利用し、フランチャイズのJAが運営。弁当やおにぎりなどの食料品や調味料、日用品、農協が扱う野菜、果物などを載せ、移動式で営業する。

 この日は、飯田市三穂のJA三穂事業所で販売を開始。近隣の高齢者らが足を運んだ。

 Aコープ店の閉鎖後は、下條村のスーパーで買い物をしてきたという79歳の女性は「歩いて買い物ができるのはうれしい」と話し、「すぐに食べられるから」と佃煮や揚げ物などの調理品に手を伸ばしていた。

 ファミマによると、同チェーンの移動販売は全国5例目で、県内では初めて。同JAには移動販売を手がけた経験があるものの、車両が大きく、狭あいな道路に入り込めない課題があった。

 ファミマ号は機動性に優れた軽自動車のため、同JAは「狭い道でも入って行けるので、個別訪問の要望にもしっかり応じていきたい」としている。

 今後は6地区で、月―金曜日の午前10時―午後8時のうちの7時間にわたり営業をする予定だという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞