TPP交渉参加「断固反対」 阿南地区で総決起大会

社会

[ 2012年 4月 26日 木曜日 15時39分 ]

 野田佳彦首相の訪米前にTPP反対の機運を盛り上げようと、23日から飯田下伊那各地でTPP交渉参加断固反対の決起集会が開かれている。このうち、阿南地区の総決起大会は23日、JAみなみ信州阿南支所で開催。農業者をはじめ、町議員や農業委員、地域住民など100人ほどが集まり、学習会を通じて反対への決意を固めた。

 主催者あいさつで地元理事の松下厚さんは「TPPは10年―30年かけて自分たちの農地をだめにしてしまう。子孫の代に地域がどうなるのか。日本は四方八方海に囲まれており、石油がなければ物が入ってこない、出せない状況になる。せめて食べ物は食べるものは自分たちでつくる。少し高くても安心できるものを食べるべきだ」と力を込めた。

 学習会ではJA長野中央会松本支所の中塚徹監査士がTPPの現状を説明。米韓FTAなどを参考に、農業、医療以外でも多方面で深刻な影響があることを確認。29日からの野田首相訪米や5月8日からの第12TPP交渉、同18日からのG8サミットなど、米大統領選前に手土産を持参しようと拙速な参加表明が懸念されることを伝えた。

 参加者からは「農業の多面的役割というがもっと大きな損失がある。年をとっても働ける、安心して暮らせる社会が必要。農業ができなくなれば働く場所のない高齢者を地域から追い出すことになる」「アメリカの言いなりになり、自国で独自の規制が設けられなくなる。外国のために参加するなんて断固反対」「上はもうかるが下はみんなだめというTPPは誰が発案したのか。潤いのある自然のなかで暮らせればいい。もうければいい世界なんてだめだ」などと断固反対の声が相次ぎ、TPP反対のため一致団結して取り組むことを誓った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52