TPP大筋合意で飯伊の農業生産者は

社会

[ 2015年 10月 7日 水曜日 9時14分 ]

 米国アトランタで行われていたTPP(環太平洋経済連携協定)交渉で5日、参加12カ国が大筋合意に達した。参加国間の貿易を自由化し、関税撤廃や投資などの規制緩和で輸出の競争力を高め、海外進出などの事業展開を後押しする。一方、コメの輸入枠新設や牛肉・豚肉の関税大幅引き下げなどにより、農業に深刻な打撃を与える。

 TPP交渉の大筋合意の報道を受け、関税の撤廃や引き下げで大きな打撃が予想される飯田下伊那地域の農業生産者からは、戸惑いや怒り、あきらめの声が上がった。

 聖域としてきたコメの輸入枠新設や牛肉・豚肉の関税大幅引き下げなどを含む内容。国や与党自民党が聖域としてきたコメ、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物の重要5品目の自由化を含む内容に、「裏切られた」とする声も聞かれた。

 飯田市内で酪農を営む男性(68)は、乳製品の関税引き下げや無関税で輸入する枠の拡大について「海外から安価な乳製品が流入することで、北海道の大規模農家の飲料乳への移行が加速する可能性が大きい。そうなれば、乳価が下がり、本州の小規模酪農農家は壊滅してしまう」と見る。「1、2年は頑張って続けるつもりだが、努力する価値がないので営農をやめるつもりだ」と話した。

 肉牛を育てる同市上郷の70代男性は「国益の名のもと、国に農業は見捨てられた」と批判。38%の関税が9%程度まで段階的に減らされることについて「いくら努力しても追いつかない。国には実質的な価格保障を求めるしかない」と話した。

 同市山本で養豚業を営む男性(45)は「聖域とされた5品目が守られず、裏切られた気持ち。中山間地は飼料やコストも高く、安価な肉が入れば太刀打ちできない」と指摘。発効されたらどう対応するのかについて、同業者と話し合いを重ねてきたことも明かしたが、「答えが見つかっていない」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30